2021年度コロナ対応支援枠<随時・3次>資金分配団体が発表されました

2021年度コロナ対応支援枠<随時・3次>資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2021年度コロナ対応支援枠〈随時〉の資金分配団体として、2団体2事業(3次募集)が発表されました。 ★コロナ対応支援枠は引続き随時申請を受け付けています。


2021年度コロナ対応支援枠は随時募集を実施しており、外部委員による審査会議についても、申請団体の状況に応じて随時実施されています。ここでは、審査会議・JANPIAの理事会を経て内定が決定した事業をお知らせします。(団体名五十音順)

教えて!「休眠預金活用」っていったい何? 事務局長に聞きました | 休眠預金活用事業サイト

https://kyuminyokin.info/articles/6

「休眠預金を活用するって?」「資金分配団体って何?」と思われた方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

新型コロナウイルス対応支援助成<3次>

有限責任事業組合 まちとしごと総合研究所

【事業名】

生きる基盤を失った若者の生活支援事業

【事業概要】

本プログラムではコロナ拡大の影響で仕事や住居、生活資金などを失った若者を事業対象者とし、彼らの生活や仕事を支える実行団体の事業を支援する。 特に、生活困窮、不安定な精神状態、障がいなど様々な事情を抱えるの若者に寄り添う実行団体を支える。
実行団体の事業により事業対象者が
・生活できる住居、信頼できる人間関係を得て、精神的な安定につながること
・公的扶助や民間支援などの正確な情報を得て、支援を活用できること
・就労やその他事業対象者それぞれに合った自立につながること
を実現し、これらにより若者が孤立せず、生きることを諦めずに済むことを目指す。

【活動対象地域】

近畿2府4県

READYFOR株式会社 <コンソーシアム申請>

【事業名】

深刻化する「コロナ学習格差」緊急支援事業

【事業概要】

今回の助成事業では、経済的な問題を抱える家庭の子ども/学生を主な対象に、以下のような事業へ助成を実施します。なお、学びを包括的に支援するという意図から、1~3の範囲をまたいで行われる事業が優先されます(例:居場所を作り、その場で継続的に学習支援を行う事業など)
 1.学習支援事業
 2.居場所・相談事業
 3.「体験」提供事業
※上記の事業に関わる担い手(スタッフ・ボランティアなど)の募集・育成事業も含みます
※①大規模事業枠(助成規模2~5000万円)②小~中規模事業枠(予算500~1000万円)各5~10団体程度を募集します。②に関しては、より手厚い非資金的支援(伴走支援)を実施します。

※コンソーシアム構成団体

・特定非営利活動法人 キッズドア


【活動対象地域】

全国

新型コロナウイルス対応支援助成<2次>

一般財団法人 リープ共創基金

【事業名】

コロナ後社会の働き方づくりのための助成 副題:キャッシュフォーワーク手法を用いた若者支援

【事業概要】

本提案事業は復興支援において国際的に定評のあるキャッシュフォーワーク手法を応用し、効果的な就労支援プログラムを持つNPOやSBが困窮下の若者を最低賃金を目安に雇用する事業へ助成を行う。
本提案事業はコロナ禍で被害を受けた若者が地域の課題の解決に取り組むだけでなく、その過程で、当事者自身が自己受容を行い、自己成長をすることの双方の両立を目指す。また、助成額の約40%以上を実行団体が困窮下の若者の雇用費用として提供することで、確実に困窮者に支援を届けるだけではなく、活動の成果を比較検証できる環境を整備する。得られたデータと成果をもとに、関係省庁や地方自治体との対話を行い、政策実装の基盤を確立する。

【活動対象地域】

全国


【公募情報】※外部リンク

公募情報ページ

■随時募集を引き続き実施中!!■

新型コロナウイルス対応支援助成については、新型コロナウイルスが社会全体に及ぼす影響により変化する支援ニーズ等を踏まえ、引続き随時申請を受け付けています。
申請をご検討中の団体さまは、ぜひ個別相談をご活用ください。

▽公募要領はこちらから▽
https://www.janpia.or.jp/koubo/2021/corona.html#koubo_tab2

▽個別相談申込▽
https://www.janpia.or.jp/koubo/2021/corona.html#koubo_tab5


※このページはJANPIAが公表した2021年9月22日時点の情報や当該団体が公表している情報で作成しています。

関連するキーワード


コロナ対応支援枠

関連する投稿


JANPIA主催:資金分配団体の公募説明会【通常枠〈第2回〉編】【コロナ対応支援枠〈随時募集〉編】

JANPIA主催:資金分配団体の公募説明会【通常枠〈第2回〉編】【コロナ対応支援枠〈随時募集〉編】

休眠預金活用事業に係るイベント・セミナー等をご案内するページです。今回は、JANPIAが実施する「2021年度資金分配団体の公募〈通常枠第2回〉〈新型コロナウイルス対応支援助成〉」への申請を検討している団体向けの「オンライン公募説明会」をご紹介します。


最新の投稿


【実行団体の公募】2021年12月3日現在

【実行団体の公募】2021年12月3日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2021年12月3日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.11

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.11

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2021年10~11月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


日本サードセクター経営者協会主催「NPOが生み出す新しい活動様式 成果報告会」のご案内

日本サードセクター経営者協会主催「NPOが生み出す新しい活動様式 成果報告会」のご案内

休眠預金活用事業に係るイベント・セミナー等をご案内するページです。今回は、公益社団法人 日本サードセクター経営者協会が主催する「NPOが生み出す新しい活動様式」成果報告会を紹介します。


【実行団体の公募】2021年11月29日現在

【実行団体の公募】2021年11月29日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2021年11月29日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


【実行団体の公募】2021年11月24日現在

【実行団体の公募】2021年11月24日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2021年11月24日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。