21年度資金分配団体公募の説明会を開催!・JANPIA【活動スナップ】

21年度資金分配団体公募の説明会を開催!・JANPIA【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、指定活用団体「一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)」の「公募説明会」の様子をお届けします。


活動の概要

JANPIAは、21年度資金分配団体公募にあたり、公募要領説明会をオンラインで開催しました。公募説明会は全5回で約160のお申し込みをいただき、2021年6月3日に無事終了しました。
公募説明会にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

活動スナップ

zoomを使って開催しました。
「休眠預金制度の説明、公募要領、社会的インパクト評価の説明」は事務局長の鈴木が担当しました。

「休眠預金活用事業の近況、申請にあたっての留意点」は総務部長 大川が担当。
毎回の説明会終了後、「今日の私の説明はどうでしたか?」と企画広報部に確認しに来る大川。皆さんによりわかりやすく情報をお届けしようと、試行錯誤していました。

「公募の今後の流れ」は事業部が担当。ご説明を担当したのは毎回1名でしたが、参加者の皆さまにどんな質問をいただいてもお応えできるよう、毎回2名で参加していました。

司会は4月にJANPIAに入構した企画広報部員が担当。
昨年より、司会はその年度の新入職員が担当するのが恒例です。
マスクを外して話すため、説明会の最中は会議室に一人で対応していました。

説明会終了後にアンケートを実施。59名の方がご協力くださいました。ありがとうございます。
今後の運営に生かします!

公募説明会の動画や資料、いただいたご質問への回答は以下▼のページで公開しています。
また申請の際にお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

最新の投稿


2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体として11団体11事業が発表されました。


助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

「休眠預金助成システムサポートセンター」は、休眠預金活用事業を実施中の団体が使う「助成システム」に関するお問い合せにお応えするコールセンターです。今回はサポートセンターとスタッフからのメッセージを紹介します。


子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、『特定非営利活動法人エティック(ETIC.)〈2019年度通常枠・資金分配団体〉』が、ウェブマガジン「DRIVE」に掲載している記事について連携いただきましたので、紹介します。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2021年8月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

2020年秋、東京都新宿区にオープンした『プライドハウス東京レガシー』は、日本初となる常設の大型総合LGBTQセンターです。「プライドハウス東京」コンソーシアムの事務局であり、本施設の運営を担うのは『特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ』。2つの資金分配団体「特定非営利活動法人 エティック(2019年度通常枠)」「READYFOR株式会社(2020年度緊急支援枠)」の実行団体として休眠預金を活用し ています。 今回は、グッド・エイジング・エールズ代表の松中権さんに、元アナウンサーでエッセイストの小島慶子さんがLGBTQを取り巻く環境や休眠預金を活用した事業の取り組みなどについてお話を伺った様子をレポートします。