実行団体との対談記事をnoteに掲載!・SIIF【活動スナップ】

実行団体との対談記事をnoteに掲載!・SIIF【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、『一般財団法人 社会変革推進財団(SIIF)〈2019年度通常枠・資金分配団体〉』がnoteに掲載している記事について連携いただきましたので、ご紹介します。


活動の概要

SIIFは、2019年度休眠預金活用事業〈通常枠〉の資金分配団体として採択した「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」の6実行団体について、事業に取り組む背景や今後の展望を多くの方に知っていただくために、それぞれの実行団体の代表者とSIIFの対談記事をnoteに掲載しています。今回は、掲載記事についてご紹介します。

活動スナップ

株式会社ポケットマルシェ

(左)ポケットマルシェ 代表取締役CEO 高橋博之さん
(右) SIIF 専務理事 青柳光昌さん

休眠預金の使い方はウエルビーイング(幸福)の実現を目指す|SIIF|note

https://note.com/siif_pr/n/n064f173919bc

休眠預金を振り分ける資金分配団体となったSIIFは2020年、「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」分野で公募を行い、助成を行う6団体を選定しました。今回はそのうちの一社、ポケットマルシェの代表取締役CEO、高橋博之さんに来ていただき、事業の展望やゴールについて語り合いたいと思います。

株式会社Sonraku

左 sonraku 代表者 井筒 耕平さん
右 SIIF インパクト・オフィサー 山本 泰毅さん

バイオマスエネルギーで「地域の熱を上げる」|SIIF|note

https://note.com/siif_pr/n/ned5629135948

2019年度休眠預金通常枠事業の資金分配団体としてSIIFが採択した「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」の6実行団体。今回はそのうちの一社、再生可能エネルギー事業に取り組むsonraku の代表取締役、井筒耕平さんと、事業の展望やエネルギーの未来について語り合いたいと思います。

株式会社Ridilover

左)社会変革推進財団専務理事 青柳 光昌さん
中央)リディラバ代表 安部敏樹さん
右)社会変革推進財団 インパクト・オフィサー 山本泰毅さん

リディラバは地域を救う鬼殺隊になりたい|SIIF|note

https://note.com/siif_pr/n/nc68dcd509483

休眠預金の資金分配団体として2020年、SIIFが採択した「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」分野の6団体。今回はRidilover(リディラバ)代表の安部敏樹さんと対談。 新潟県越後妻有で20年続く「大地の芸術祭」や、地域資源を活用した関係人口の創出・拡大と、それを通じた地域エコシステム構築を目指す安部さんに、事業構想の話を聞きました。

株式会社御祓川

左)株式会社御祓川 代表取締役社長 森山奈美さん
中)社会変革推進財団 専務理事 青柳 光昌さん
右)社会変革推進財団 インパクトオフィサー 小笠原 由佳さん

休眠預金で奥能登にインパクトを生み出す|SIIF|note

https://note.com/siif_pr/n/nbbdb74c88686

休眠預金の資金分配団体として2020年、SIIFが採択した「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」分野の6団体。今回は奥能登で中間支援に取り組んできた株式会社御祓川(みそぎがわ)、代表取締役社長の森山奈美さんと、地方創生について語り合いたいと思います。

シェアビレッジ株式会社

左から)
シェアビレッジ株式会社 半田理人さん
シェアビレッジ株式会社 代表取締役 丑田俊輔さん
社会変革推進財団 インパクトオフィサー 田立紀子さん
社会変革推進財団 専務理事 青柳 光昌さん

僕らは「村」を舞台に遊ぶ「プレイフルドリブン」から始まった|SIIF|note

https://note.com/siif_pr/n/n42f7d4a3dca1

休眠預金の資金分配団体として2020年、SIIFが採択した「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」分野の6団体。今回はシェアビレッジ株式会社代表の丑田俊輔さんに今後の展開と抱負を聞きました。

Rennovater株式会社

左から
一般財団法人KIBOWインパクト・インベストメント・チーム ディレクター 山中礼二さん
リノベーター株式会社 代表取締役社長 松本知之さん
社会変革推進財団 専務理事 青柳光昌さん

打倒!貧困ビジネス 住宅困窮者のための健全な賃貸住宅市場を作りたい|SIIF|note

https://note.com/siif_pr/n/nded93b44eb22

2019年度休眠預金通常枠事業の資金分配団体としてSIIFが採択した「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」の6実行団体。今回はそのうちの一社、住宅確保困難者を対象に、住宅を提供するRennovater(リノベータ―)株式会社代表取締役の松本知之さんと、同社に対して資本出資を行っている一般財団法人KIBOWのKIBOWインパクト・インベストメント・チーム ディレクター山中礼二さんをお招きし、SIIF専務理事青柳とともに、今後のビジネスの展望を語ります。

【事業基礎情報】


資金分配団体
一般財団法人 社会変革推進財団SIIF 
助成事業

地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業2019通常枠 

活動対象地域
全国 
実行団体

シェアビレッジ株式会社 

株式会社Sonraku 

株式会社ポケットマルシェ 

・株式会社御祓川   

株式会社Ridilover  

Rennovater株式会社 


関連する投稿


まちぽっと主催・地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

まちぽっと主催・地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

休眠預金活用事業に係るイベント・セミナー等をご案内するページです。 今回は、まちぽっと〈2019年度通常枠・資金分配団体〉が開催する「地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―」をご紹介させていただきます。


【事業情報】誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる良質な支援付き住居施設の建設とその住居施設で働くスタッフ等の人材育成事業・ワンファミリー仙台

【事業情報】誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる良質な支援付き住居施設の建設とその住居施設で働くスタッフ等の人材育成事業・ワンファミリー仙台

【2019年度通常枠・実行団体・ソーシャルビジネス形成支援事業】特定非営利活動法人 ワンファミリー仙台/誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる良質な支援付き住居施設の建設とその住居施設で働くスタッフ等の人材育成事業/資金分配団体:公益財団法人 パブリックリソース財団


【事業情報】支援付き住宅の複合モデル「プラザ抱樸」の拡充と整備事業・抱樸

【事業情報】支援付き住宅の複合モデル「プラザ抱樸」の拡充と整備事業・抱樸

【2019年度通常枠・実行団体・ソーシャルビジネス形成支援事業】特定非営利活動法人 抱樸/支援付き住宅の複合モデル「プラザ抱樸」の拡充と整備事業/資金分配団体:公益財団法人 パブリックリソース財団


 【事業情報】東向島プロジェクト・自立支援センターふるさとの会

【事業情報】東向島プロジェクト・自立支援センターふるさとの会

【2019年度通常枠・実行団体・ソーシャルビジネス形成支援事業】特定非営利活動法人 自立支援センターふるさとの会/東向島プロジェクト/資金分配団体:公益財団法人 パブリックリソース財団


【事業情報】空き家等の築古物件を活用した住宅困難者への住宅供給・Rennovater

【事業情報】空き家等の築古物件を活用した住宅困難者への住宅供給・Rennovater

【2019年度通常枠・実行団体・ソーシャルビジネス形成支援事業】Rennovater株式会社/空き家等の築古物件を活用した住宅困難者への住宅供給/資金分配団体:一般財団法人 社会変革推進財団


最新の投稿


JANPIA主催:資金分配団体の公募説明会【通常枠〈第2回〉編】【コロナ対応支援枠〈随時募集〉編】

JANPIA主催:資金分配団体の公募説明会【通常枠〈第2回〉編】【コロナ対応支援枠〈随時募集〉編】

休眠預金活用事業に係るイベント・セミナー等をご案内するページです。今回は、JANPIAが実施する「2021年度資金分配団体の公募〈通常枠第2回〉〈新型コロナウイルス対応支援助成〉」への申請を検討している団体向けの「オンライン公募説明会」をご紹介します。


【実行団体の公募】2021年10月5日現在

【実行団体の公募】2021年10月5日現在

JANPIAで情報を把握している資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2021年10月5日時点の情報です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.09

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.09

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2021年8・9月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


水害に遭った地域を、つなぎ直す。Tecoが見つけたコミュニティ活動の役割

水害に遭った地域を、つなぎ直す。Tecoが見つけたコミュニティ活動の役割

2019年、台風による水害に遭った福島県いわき市。地域を形づくっていたはずのコミュニティは一気に薄まっていました。「コロナ禍の前から、この地域はずっと自粛状態だったんです」と語られるとおり、失われた日常は未だに戻ってきていません。 そのような状況で、コミュニティサロンの活動を通じて地域をつなぎ直すハブとなっているのが一般社団法人Teco(てこ)です。資金分配団体である一般社団法人RCFの採択事業として、水害を機にサロン活動を始め、場づくりから地域の新たな可能性を生み出しています。そんなTecoを動かす原動力は、どこにあるのでしょうか。 ※この記事には2019年の台風19号によっていわき市内で発生した水害の写真が含まれています。


2021年度コロナ対応支援枠<随時・3次>資金分配団体が発表されました

2021年度コロナ対応支援枠<随時・3次>資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2021年度コロナ対応支援枠〈随時〉の資金分配団体として、2団体2事業(3次募集)が発表されました。 ★コロナ対応支援枠は引続き随時申請を受け付けています。