休眠預金活用 メディア掲載情報_no.41

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.41

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2024年4~5月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


一般社団法人SINKa(Web)

【月刊事業構想】掲載のお知らせ【2024年5月30日掲載】

<実行団体>
大牟田ビンテージのまち株式会社、株式会社イノP、一般社団法人MIT、株式会社フリップザミント、一般社団法人 E-Yoron
<資金分配団体>
一般社団法人 SINKa
(2021年度通常枠)

*******

時事通信(Web)

【説明会開催】日本シングルマザー支援協会は、休眠預金活用事業の実行団体の募集説明会を開催します【2024年5月29日掲載】

【説明会開催】日本シングルマザー支援協会は、休眠預金活用事業の実行団体の募集説明会を開催します:時事ドットコム

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000083.000052947&g=prt

[一般社団法人日本シングルマザー支援協会]~シングルマザーの自立をリスキリングで確立する事業に取り組む実行団体の説明会開催~この度、休眠預金活用事業にて採択された「シングルマザーの自立をリスキリングで確立」するための事業において資金分配先である実行団体の公募開始についてお知らせいたします。当事業は、シングルマザーの自立をリスキリングで確立し、今後のシングルマザー支援の新しい指標の構築を目指します。

<資金分配団体>
一般社団法人日本シングルマザー支援協会
(23年度通常枠)

*******

教育家庭新聞(Web)

障害児者向けリハビリツール「デジリハ」、特支向けに機材を無償貸与する「デジリハ for スクールプロジェクト」参加校募集【2024年5月27日掲載】

<実行団体>
株式会社デジリハ
<資金分配団体>
一般財団法人 リープ共創基金
(23年度通常枠)

*******

東京ベイ経済新聞(Web)

全国の特別支援学校に無償公開中のリハビリツール「デジリハ」、機材も無償貸与するプロジェクト「デジリハ for スクールプロジェクト」を開始【2024年5月23日掲載】

全国の特別支援学校に無償公開中のリハビリツール「デジリハ」、機材も無償貸与するプロジェクト「デジリハ for スクールプロジェクト」を開始

https://tokyobay.keizai.biz/release/292818/

障害児者向けリハビリツール「デジリハ」を開発・提供する株式会社デジリハ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岡勇樹)は、2024年5月より休眠預金を活用したプロジェクトを開始します。本プロジェクトでは、関東甲信越地方の特別支援学校を対象にデジリハ用機材を無償貸与することを通じて、特別支援教育におけるICTのさらなる活用を推進します。

<実行団体>
株式会社デジリハ
<資金分配団体>
一般財団法人リープ共創基金
(23年度通常枠)

*******

朝日新聞(Web)

誰にも悩みを相談したくない…困窮する若者 調査でわかった実態とは【2024年5月17日掲載】

誰にも悩みを相談したくない…困窮する若者 調査でわかった実態とは:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASS5J46TCS5JUTFL00CM.html

 誰にも悩みを相談したくない、解決できないと思う――。そんな実態が、困窮する若者の支援に取り組む認定NPO法人「D×P(ディー・ピー)」(大阪市)などの支援団体が16日に公表した調査結果で明らかになっ…

<資金分配団体>
認定NPO法人D×P(コンソーシアム構成団体:READYFOR株式会社)
<実行団体>
認定NPO法人ピッコラーレ
(22年度緊急枠)

*******

TBS NEWS(Web)

困窮し孤立深める若者像「誰かに相談をためらう傾向が強い」支援団体がアンケート調査結果まとめる 解決の糸口は『無料で・匿名で・相談相手も同じ悩み』【2024年5月17日掲載】

困窮し孤立深める若者像「誰かに相談をためらう傾向が強い」支援団体がアンケート調査結果まとめる 解決の糸口は『無料で・匿名で・相談相手も同じ悩み』 | TBS NEWS DIG

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1176116?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTAAAR2tcRxLUu2ytvSvohj56wBqhgiFCJY2rR6YMqotz4udmX0ehc1MkGHGBcQ_aem_ZmFrZWR1bW15MTZieXRlcw

クラウドファンディング事業などを行う「READYFOR株式会社」と、若者支援などを行う「認定NPO法人D×P(ディーピー)」は、10年以上取引のない休眠預金等を社会課題解決に使う『休眠預金等活用事業…

<資金分配団体>
認定NPO法人D×P(コンソーシアム構成団体:READYFOR株式会社)
<実行団体>
認定NPO法人ピッコラーレ
(22年度緊急枠)

*******

弁護士ドットコムニュース(Web)

困窮や妊娠…支援必要でも「誰にも相談したくない」若者の1割が回答 専門家は「ネットやSNSの活用を」【2024年5月17日掲載】

困窮や妊娠…支援必要でも「誰にも相談したくない」若者の1割が回答 専門家は「ネットやSNSの活用を」 - 弁護士ドットコムニュース

https://www.bengo4.com/c_18/n_17562/

支援が必要にも関わらず、約1割が「誰にも相談したくない」——。生活苦や孤独・孤立感を抱える若者たちへの大規模アンケート調査(※)によって、そんな結果が明らかになった。4月16日、認定NPO法人「D×P」の理事長...

<資金分配団体>
認定NPO法人D×P(コンソーシアム構成団体:READYFOR株式会社)
<実行団体>
認定NPO法人ピッコラーレ
(22年度緊急枠)

*******

日本経済新聞(Web)

地域課題の解決に「休眠預金」活用、徳島で財団設立へ【2024年5月17日掲載】

地域課題の解決に「休眠預金」活用、徳島で財団設立へ - 日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC168MF0W4A510C2000000/

徳島県内のNPO法人や個人らがチームをつくり、地域課題の解決を目指す活動を資金面から支援する「とくしまコミュニティ財団」の設立準備を始めた。金融機関に預けられたままの「休眠預金」を活用し、空き家対策や若者の流出防止につなげる。寄付も募り2025年4月に一般財団法人を発足させる考えだ。金融機関に預けられたまま10年以上出し入れがない休眠預金を、法律に基づいて民間の公益活動に役立てる動きが各地で広

<実行団体>
NPO法人GWEI
<資金分配団体>
全国コミュニティ財団協会
(23年度通常枠)

*******

iZa(イザ)(Web)

グラミン日本、シングルマザーのデジタルスキル研修&就労支援に取組む実行団体を採択【2024年5月17日掲載】

グラミン日本、シングルマザーのデジタルスキル研修&就労支援に取組む実行団体を採択

https://www.iza.ne.jp/pressrelease/prtimes/AA4NEQRCZFNJFGFBBPJQQDA7QY/

iza(イザ!)は産経デジタルが運営する総合ニュースサイトです。政治、経済、国際、社会、スポーツ、芸能といったさまざまなジャンルの記事をご覧いただけます。

<実行団体>
特定非営利活動法人ウィズワーク・ラボ、株式会社うむさんラボ、株式会社キズキ、株式会社キャリア・マム、株式会社きらり.コーポレーション、一般社団法人BlessU
<資金分配団体>
一般社団法人グラミン日本
(23年度通常枠)

*******

徳島新聞(Web)

地域課題解決へ寄付仲介 「財団」設立へ準備組織 25年4月法人化目指す【2024年5月14日掲載】

<実行団体>
NPO法人GWEI
<資金分配団体>
全国コミュニティ財団協会
(23年度通常枠)

*******

NHK(Web)

「休眠預金」活用で地域の課題解決へ 県初の支援団体設立へ【2024年5月13日掲載】

「休眠預金」活用で地域の課題解決へ 県初の支援団体設立へ|NHK 徳島県のニュース

https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20240513/8020020225.html

【NHK】金融機関に預けられたままのいわゆる「休眠預金」を活用して若者の流出など、地域の課題解決に向けた取り組みを支援する徳島県初の団体を作ろうとい…

<実行団体>
NPO法人GWEI
<資金分配団体>
全国コミュニティ財団協会
(23年度通常枠)

*******

テレビ長崎(Web)

「休眠預金」を活用し3事業 過疎、離島地域の子供たちのクラブ活動に【長崎】【2024年5月13日掲載】

「休眠預金」を活用し3事業 過疎、離島地域の子供たちのクラブ活動に【長崎】

https://www.ktn.co.jp/news/detail.php?id=20240513003

離島や過疎地域に住む子供たちのクラブ活動を休眠預金を活用して支援することになりました。金融機関で10年以上取引がない「休眠預金」は、2019年度から民間の公益活動に活用されています。県内には2024年度に1億3800万円が配分され、活動を支援するコミュニティ財団「未来基金ながさき」などが3つの事業を説明しました。

<実行団体>
うんぜん部活動移動支援実証実験運営協議会、一般社団法人高島活性化コンベンション協会ESPO、認定特定非営利活動法人長崎OMURA室内合奏団対馬ほほえみ会
<資金分配団体>
一般財団法人 未来基金ながさき(コンソーシアム構成団体:社会福祉法人 対馬市社会福祉協議会、社会福祉法人 雲仙市社会福祉協議会)
(22年度通常枠)

*******

中日新聞(Web)

テクノロジー触れる場 平等に あわら・新郷小に施設【2024年5月12日掲載】

テクノロジー触れる場 平等に あわら・新郷小に施設:日刊県民福井Web

https://www.chunichi.co.jp/article/897434

10~18歳、機材使い創作 デジタル機材を使って自由に創作活動ができる10~18歳向けの施設「まぜテクネ」が、あわら市内に誕生した。運...

<実行団体>
一般社団法人あわらテクノロジー協議会
<資金分配団体>
特定非営利活動法人みんなのコード(コンソーシアム構成団体:READYFOR株式会社)
(22年度通常枠)

*******

岩手日報(Web)

秋田県五城目町に10代のためのデジタルテクノロジーで遊んで学べる拠点「ハイラボ」オープン【2024年5月7日掲載】

秋田県五城目町に10代のためのデジタルテクノロジーで遊んで学べる拠点「ハイラボ」オープン

https://www.iwate-np.co.jp/pr/prtimes/28035

合同会社G-experience地方と都市のデジタル機会格差の是正を図り、18歳までに自ら仕事を創りだすラボ空間<br />Learning and Working Anywhere, Anytime (いつでもどこでも、働き学…

<実行団体>
合同会社G-experience
<資金分配団体>
特定非営利活動法人みんなのコード(コンソーシアム構成団体:READYFOR株式会社)
(22年度通常枠)

*******

日本経済新聞(Web)

相続人なき「さすらう資産」 国庫に入った額、10年で倍に くらしの数字考【2024年5月4日掲載】

相続人なき「さすらう資産」 国庫に入った額、10年で倍に くらしの数字考 - 日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD186G60Y4A410C2000000/

死後に相続人不在などの理由で国に入る「相続人なき遺産」がこの10年間で倍増した。金融機関で10年以上取引がない「休眠預金」の活用も増える。持ち主が不在のために、さすらう資産の行方を探った。子や配偶者などの相続人を持たない人が遺言を残さず亡くなると、裁判所が選んだ相続財産清算人が債務を返済するなどして遺産を整理し、残りは国庫に入ることになる。この額が2022年度に768億円と、10年前の375億円

*******

長崎新聞(Web)

離島、過疎地の子のクラブ活動支援 休眠預金で助成 「未来基金ながさき」などが県内3団体へ【2024年4月30日掲載】

離島、過疎地の子のクラブ活動支援 休眠預金で助成 「未来基金ながさき」などが県内3団体へ - 長崎新聞 2024/04/30 [12:30] 公開

https://www.nagasaki-np.co.jp/kijis/?kijiid=1157856322398192452

 コミュニティー財団「一般財団法人未来基金ながさき」(山本倫子理事長)などでつくるコンソーシアム(共同事業体)は、休眠預金を活用し「高島活性化コンベンション協会ESPO」など離島や過疎地の子どものクラ…

<実行団体>
うんぜん部活動移動支援実証実験運営協議会、一般社団法人高島活性化コンベンション協会ESPO、認定特定非営利活動法人長崎OMURA室内合奏団対馬ほほえみ会
<資金分配団体>
一般財団法人 未来基金ながさき(コンソーシアム構成団体:社会福祉法人 対馬市社会福祉協議会、社会福祉法人 雲仙市社会福祉協議会)
(22年度通常枠)

*******

休眠預金活用にご興味を持っていただいたメディアの皆さま

制度のご説明はもちろん、ご関心のある地域やテーマによって、実行団体・資金分配団体をご紹介します。
ぜひJANPIA企画広報部にお問い合わせ下さい。

*******

実行団体・資金分配団体の皆さま

JANPIAでもできるだけメディア掲載情報の把握に努めておりますが、「うちも掲載されたよ!」などの情報があれば、ぜひJANPIA企画広報部までお寄せください!

*******

※ご紹介しているのは、この記事掲載時点のリンク先になります。
※リンク先記事の掲載期間は、それぞれのメディアにより異なります。
※一定期間後は、リンク切れとなる場合がございます。 ご了承ください。

*******

【本記事に関する問い合わせ先】JANPIA企画広報部 info@janpia.or.jp

関連するキーワード


メディア掲載

関連する投稿


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.40

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.40

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2024年3~4月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.38

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.38

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2024年1~2月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.36

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.36

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年12月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.35

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.35

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年10~11月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.34

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.34

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年8~10月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。