休眠預金活用 メディア掲載情報_no.32

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.32

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年7~8月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


NHK(Web)

南海トラフ地震などに備え 女性の防災リーダー育成する講座【2023年8月20日掲載】

南海トラフ地震などに備え 女性の防災リーダー育成する講座|NHK 高知県のニュース

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20230820/8010018494.html

【NHK】南海トラフ巨大地震などに備えて、女性の防災リーダーを育成する講座が20日、黒潮町などで開かれ、津波避難タワーを見学したほか、避難所の運営に…

<実行団体>
公益財団法人 こうち男女共同参画社会づくり財団
<資金分配団体>
公益財団法人 地域創造基金さなぶり
(21年度通常枠)

*******

財経新聞(Web)

READYFOR×みんなのコード、休眠預金を活用した 「『創造性』の格差を埋める デジタルテクノロジー×居場所創造事業」 採択結果について【2023年8月10日掲載】

READYFOR×みんなのコード、休眠預金を活用した 「『創造性』の格差を埋..(READYFOR株式会社 プレスリリース)

https://www.zaikei.co.jp/releases/2151591/

READYFOR株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:米良はるか)と特定非営利活動法人みんなのコード(所在地:東京都港区、代表理事:利根川裕太)は、休眠預金を活用し、助成総額約2.2億円の「『創造性』の格差を埋める~イノベーション人材となる機会を…

<資金分配団体>
特定非営利活動法人 みんなのコード(コンソーシアム構成団体:READYFOR株式会社)
<実行団体>
一般社団法人あわらテクノロジー協議会、一般社団法人エンター、株式会社イトナブ、株式会社トラックセッション、合同会社G-experience、特定非営利活動法人フリースクールMINE
(22年度通常枠)

*******

BIGLOBEニュース(Web)

地域支援のエンパワメントによる外国ルーツ住民への自立支援体制構築事業を開始【2023年8月7日掲載】

地域支援のエンパワメントによる外国ルーツ住民への自立支援体制構築事業を開始(2023年8月7日)|BIGLOBEニュース

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0807/prt_230807_1371636691.html

2023年7月から、東京都北区・練馬区を中心に公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(所在地東京都新宿区/会長若林恭英/以下シャンティ)は、2023年7月より「地域支援のエ…|BIGLOBEニュース

<実行団体>
公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会
<資金分配団体>
公益財団法人 日本国際交流センター(コンソーシアム構成団体:特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム)
(22年度通常枠)

*******

Nipponメーデイア(Web)

インフラだけではなく、子どもの遊び場も考えるのが復興:地域防災をリードする女性たち(後編)【2023年8月2日掲載】

インフラだけではなく、子どもの遊び場も考えるのが復興:地域防災をリードする女性たち(後編)

https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g02314/

2015年に国連に採択された「仙台防災枠組」(2015~2030年)では、自然災害の対応への女性リーダーシップを初めて盛り込んだ。本記事では東日本大震災の被災地への視察旅行に参加した日本人女性リーダーたちの証言をジャーナリストのカルメン・グラウが届ける。

Mujeres y desastres en Japón: Alzar la voz para proteger a las comunidades

https://www.nippon.com/es/japan-topics/g02314/

El Marco de Sendai para la Reducción de Riesgos de Desastres (2015-2030), adoptado por las Naciones Unidas en 2015, incluyó por primera vez el liderazgo femenino en la gestión de desastres naturales. En este artículo, la periodista Carmen Grau nos ofrece los testimonios de varias líderes japonesas que participaron en un tour por las zonas afectadas por el Gran Terremoto del Este de Japón.

原文(スペイン語)

<実行団体>
男女共同参画地域みらいねっと
<資金分配団体>
公益財団法人 地域創造基金さなぶり
(21年度通常枠)

*******

Nipponメーデイア(Web)

私設避難所となったホテルを率いた女将 : 地域防災をリードする女性たち(前編)【2023年8月1日掲載】

私設避難所となったホテルを率いた女将 : 地域防災をリードする女性たち(前編)

https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g02313/

東日本大震災で甚大な被害を受けた東北で暮らす女性たちが、ひとつの目標を胸に震災の経験や教訓を共有する機会を持った。災害復興におけるジェンダーの問題を取材してきたスペイン人ジャーナリストのカルメン・グラウ・ビラの目を通して、地域防災で女性リーダーが果たす役割を考える。

Mujeres y desastres en Japón: Una inspiración para el liderazgo femenino

https://www.nippon.com/es/japan-topics/g02313/

Durante los días 2 y 3 de junio de 2023, mujeres japonesas que lideraron la emergencia tras el Gran Terremoto del Este de Japón compartieron las experiencias y lecciones aprendidas en aquel desastre con un objetivo en mente: impulsar una mejor gestión, actuación y reconstrucción de sus comunidades.

原文(スペイン語)

<実行団体>
男女共同参画地域みらいねっと
<資金分配団体>
公益財団法人 地域創造基金さなぶり
(21年度通常枠)

*******

沖縄タイムスプラス(Web)

「家に帰りたくない」若者が安らげる夜の居場所 DVなどのリスクが高い時間帯、那覇に開く【2023年8月1日掲載】

「家に帰りたくない」若者が安らげる夜の居場所 DVなどのリスクが高い時間帯、那覇に開く | 沖縄タイムス+プラス

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1196545

 不登校やひきこもりの子ども、若者の社会参加を支援するNPO法人沖縄青少年自立援助センターちゅらゆい(金城隆一代表理事)が今春、那覇市内に夜の居場所「ユースセンター・アシタネ」を立ち上げた。家庭内暴力などで孤独感や不安感が高まりがちな夜間に、気軽に立ち寄れ、安らげる場所。

<実行団体>
特定非営利活動法人 沖縄青少年自立援助センターちゅらゆい(※コンソーシアム構成団体:CODREA、一般社団法人 地域学び合い研究所)
<資金分配団体>
認定特定非営利活動法人 育て上げネット(コンソーシアム構成団体READYFOR株式会社)
(22年度緊急枠)

*******

石垣経済新聞(Web)

地域の社会課題解決に挑む沖縄初のインパクトファンド設立【2023年7月31日掲載】

地域の社会課題解決に挑む沖縄初のインパクトファンド設立

https://ishigaki.keizai.biz/release/212566/

 株式会社うむさんラボ(代表:比屋根隆 所在地:沖縄県うるま市 以下「うむさんラボ」)は、沖縄県における社会課題を解決することを目的とした、「カリーインパクト&イノベーション1号投資事業有限責任組合」(以下「同ファンド」)を設立しました。同ファンドは、地域課題解決型のインパクトファンド(※1)であり、沖縄では初の試みとなります。

<実行団体>
株式会社うむさんラボ
<資金分配団体>
一般財団法人 社会変革推進財団
(21年度通常枠)

*******

休眠預金活用にご興味を持っていただいたメディアの皆さま

制度のご説明はもちろん、ご関心のある地域やテーマによって、実行団体・資金分配団体をご紹介します。
ぜひJANPIA企画広報部にお問い合わせ下さい。

*******

実行団体・資金分配団体の皆さま

JANPIAでもできるだけメディア掲載情報の把握に努めておりますが、「うちも掲載されたよ!」などの情報があれば、ぜひJANPIA企画広報部までお寄せください!

*******

※ご紹介しているのは、この記事掲載時点のリンク先になります。
※リンク先記事の掲載期間は、それぞれのメディアにより異なります。
※一定期間後は、リンク切れとなる場合がございます。 ご了承ください。

*******

【本記事に関する問い合わせ先】JANPIA企画広報部 info@janpia.or.jp

関連するキーワード


メディア掲載

関連する投稿


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.36

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.36

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年12月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.35

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.35

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年10~11月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.34

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.34

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年8~10月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.33

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.33

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年8~9月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.31

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.31

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2023年7月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。