まちぽっと主催・地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

まちぽっと主催・地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

休眠預金活用事業に係るイベント・セミナー等をご案内するページです。 今回は、まちぽっと〈2019年度通常枠・資金分配団体〉が開催する「地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―」をご紹介させていただきます。


地域で進める DV 被害者支援 ―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

NPO 法人まちぽっとでは、休眠預金等活用制度のもとで助成事業を行っており、実行団体の一つ全国女性シェルターネットの皆さんと活動を進めています。その活動を通じてコロナ禍における DV 被害の状況を知り、地域での取組みの必要性を痛感しています。そこで、コロナ禍における状況や市民団体、自治体による支援活動の取り組みなどを学び、必要な制度やしくみについて考えたいと思います。ぜひご参加ください。


■日時
2021年9月10日(金)15時~17時30分
■定員
100 名 
■開催形式
オンライン(Zoom)
*お申込みいただい方に電子メールにて後日 Zoom・ID 等お知らせいたします。
■参加費
無 料
■プログラム
《講演》
北仲 千里 全国女性シェルターネット共同代表/広島大学准教授
北海道環境生活部くらし安全局道民生活課女性支援室

《質疑・意見交換》

〇主 催 NPO 法人まちぽっと
〇協 力 NPO 法人全国女性シェルターネット、東京・生活者ネットワーク
申込方法
Google フォームからお申込みください
まちぽっとセミナー「地域で進めるDV被害者支援」 (google.com)
■お問い合せ
NPO 法人まちぽっと
E-mail:info@machi-pot.org
TEL:03-5941-7948/FAX:03-3200-9250
* 在宅勤務のため、お問合せ、ご連絡は電子メールでお願いいたします。


関連する投稿


DVシェルターが目指す新たなステップ|全国女性シェルターネット 北仲千里さん×ジャーナリスト 浜田敬子さん【聞き手】

DVシェルターが目指す新たなステップ|全国女性シェルターネット 北仲千里さん×ジャーナリスト 浜田敬子さん【聞き手】

コロナ禍の外出自粛により、女性に対するドメスティック・バイオレンスをはじめ、性暴力被害などの被害の深刻化が懸念されています。こうした被害に対する日本の法制度は、諸外国に比べて大幅に遅れている状況です。加えて、支援側の活動資金、専門知識を持つ人材不足が大きな課題となっています。 今回は、資金分配団体「特定非営利活動法人 まちぽっと(2019年度通常枠)」の実行団体として活動する『特定非営利活動法人 全国女性シェルターネット』の北仲千里さんに、ジャーナリストの浜田敬子さんがDV被害者への支援活動や現状、そして休眠預金を活用した今後の展望をインタビューした様子をお届けします。


実行団体との対談記事をnoteに掲載!・SIIF【活動スナップ】

実行団体との対談記事をnoteに掲載!・SIIF【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、『一般財団法人 社会変革推進財団(SIIF)〈2019年度通常枠・資金分配団体〉』がnoteに掲載している記事について連携いただきましたので、ご紹介します。


【事業情報】市民社会の調査・発信力強化プロジェクト・Tansa(旧:ワセダクロニクル)

【事業情報】市民社会の調査・発信力強化プロジェクト・Tansa(旧:ワセダクロニクル)

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】特定非営利活動法人 Tansa(旧:ワセダクロニクル)/市民社会の調査・発信力強化プロジェクト/認定特定非営利活動法人 まちぽっと


【事業情報】子どもがつくる次世代型町内会・フリースクール木のねっこ

【事業情報】子どもがつくる次世代型町内会・フリースクール木のねっこ

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】特定非営利活動法人 フリースクール木のねっこ/子どもがつくる次世代型町内会/認定特定非営利活動法人 まちぽっと


【事業情報】新生児家庭を育む「新生児ファミリーミニステイ」実現のためのプラットフォームづくり・びーのびーの

【事業情報】新生児家庭を育む「新生児ファミリーミニステイ」実現のためのプラットフォームづくり・びーのびーの

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】認定特定非営利活動法人 びーのびーの/新生児家庭を育む「新生児ファミリーミニステイ」 実現のためのプラットフォームづくり/資金分配団体:認定特定非営利活動法人 まちぽっと