まちぽっと主催・地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

まちぽっと主催・地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

休眠預金活用事業に係るイベント・セミナー等をご案内するページです。 今回は、まちぽっと〈2019年度通常枠・資金分配団体〉が開催する「地域で進める DV 被害者支援―コロナ禍の状況と自治体による取組み―」をご紹介させていただきます。


地域で進める DV 被害者支援 ―コロナ禍の状況と自治体による取組み―

NPO 法人まちぽっとでは、休眠預金等活用制度のもとで助成事業を行っており、実行団体の一つ全国女性シェルターネットの皆さんと活動を進めています。その活動を通じてコロナ禍における DV 被害の状況を知り、地域での取組みの必要性を痛感しています。そこで、コロナ禍における状況や市民団体、自治体による支援活動の取り組みなどを学び、必要な制度やしくみについて考えたいと思います。ぜひご参加ください。


■日時
2021年9月10日(金)15時~17時30分
■定員
100 名 
■開催形式
オンライン(Zoom)
*お申込みいただい方に電子メールにて後日 Zoom・ID 等お知らせいたします。
■参加費
無 料
■プログラム
《講演》
北仲 千里 全国女性シェルターネット共同代表/広島大学准教授
北海道環境生活部くらし安全局道民生活課女性支援室

《質疑・意見交換》

〇主 催 NPO 法人まちぽっと
〇協 力 NPO 法人全国女性シェルターネット、東京・生活者ネットワーク
申込方法
Google フォームからお申込みください
まちぽっとセミナー「地域で進めるDV被害者支援」 (google.com)
■お問い合せ
NPO 法人まちぽっと
E-mail:info@machi-pot.org
TEL:03-5941-7948/FAX:03-3200-9250
* 在宅勤務のため、お問合せ、ご連絡は電子メールでお願いいたします。


関連する投稿


実行団体との対談記事をnoteに掲載!・SIIF【活動スナップ】

実行団体との対談記事をnoteに掲載!・SIIF【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、『一般財団法人 社会変革推進財団(SIIF)〈2019年度通常枠・資金分配団体〉』がnoteに掲載している記事について連携いただきましたので、ご紹介します。


【事業情報】市民社会の調査・発信力強化プロジェクト・Tansa

【事業情報】市民社会の調査・発信力強化プロジェクト・Tansa

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】特定非営利活動法人 Tansa/市民社会の調査・発信力強化プロジェクト/認定特定非営利活動法人 まちぽっと


【事業情報】子どもがつくる次世代型町内会・フリースクール木のねっこ

【事業情報】子どもがつくる次世代型町内会・フリースクール木のねっこ

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】特定非営利活動法人 フリースクール木のねっこ/子どもがつくる次世代型町内会/認定特定非営利活動法人 まちぽっと


 【事業情報】新生児家庭を育む「新生児ファミリーミニステイ」実現のためのプラットフォームづくり・びーのびーの

【事業情報】新生児家庭を育む「新生児ファミリーミニステイ」実現のためのプラットフォームづくり・びーのびーの

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】認定特定非営利活動法人 びーのびーの/新生児家庭を育む「新生児ファミリーミニステイ」 実現のためのプラットフォームづくり/資金分配団体:認定特定非営利活動法人 まちぽっと


【事業情報】小さなものづくりから始まる「しごとはじめ」×「誰でも学べる寺子屋」で、社会とのつながりに苦しさを抱える人たちに安心を・栃木県若年者支援機構

【事業情報】小さなものづくりから始まる「しごとはじめ」×「誰でも学べる寺子屋」で、社会とのつながりに苦しさを抱える人たちに安心を・栃木県若年者支援機構

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】一般社団法人 栃木県若年者支援機構/小さなものづくりから始まる「しごとはじめ」×「誰でも学べる寺子屋」で、社会とのつながりに苦しさを抱える人たちに安心を/資金分配団体:認定特定非営利活動法人 まちぽっと


最新の投稿


2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体として11団体11事業が発表されました。


助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

「休眠預金助成システムサポートセンター」は、休眠預金活用事業を実施中の団体が使う「助成システム」に関するお問い合せにお応えするコールセンターです。今回はサポートセンターとスタッフからのメッセージを紹介します。


子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、『特定非営利活動法人エティック(ETIC.)〈2019年度通常枠・資金分配団体〉』が、ウェブマガジン「DRIVE」に掲載している記事について連携いただきましたので、紹介します。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2021年8月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

2020年秋、東京都新宿区にオープンした『プライドハウス東京レガシー』は、日本初となる常設の大型総合LGBTQセンターです。「プライドハウス東京」コンソーシアムの事務局であり、本施設の運営を担うのは『特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ』。2つの資金分配団体「特定非営利活動法人 エティック(2019年度通常枠)」「READYFOR株式会社(2020年度緊急支援枠)」の実行団体として休眠預金を活用し ています。 今回は、グッド・エイジング・エールズ代表の松中権さんに、元アナウンサーでエッセイストの小島慶子さんがLGBTQを取り巻く環境や休眠預金を活用した事業の取り組みなどについてお話を伺った様子をレポートします。