【事業情報】コミュニティファンドによる地域の資金循環と若手支援者を生み出す人材育成事業・市民立ぐんまNPOセンター

【事業情報】コミュニティファンドによる地域の資金循環と若手支援者を生み出す人材育成事業・市民立ぐんまNPOセンター

【2021年度通常枠<第2回>・実行団体・草の根活動支援事業・全国ブロック】特定非営利活動法人 市民立ぐんまNPOセンター<コンソーシアム申請>/コミュニティファンドによる地域の資金循環と若手支援者を生み出す人材育成事業/資金分配団体:一般社団法人 全国コミュニティ財団協会


事業概要

県内にどのような資金循環の仕組みが必要かを多様なステークフォルダーへのヒアリング等から見極める。助成のための寄付集めを開始するとともに、案件形成助成とその団体への伴走支援を行う。伴走支援やファンドレイジング能力があるプログラムオフィサーを育成する。ボランティアマッチングシステム、既存財団、官民共創スペース、企業、地域金融機関との連携・協働によりエコシステムを生み出す。助成実績を積み重ねながら、助成財団設立を目指す。

対象地域

群馬県

休眠預金助成システム情報 ※外部リンク

【準備中】

資金分配団体

関連する投稿


2023年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

2023年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2023年度通常枠〈第1回〉資金分配団体として、17事業(17団体)が発表されましたので、紹介します。


2022年度通常枠〈第2回〉資金分配団体が発表されました

2022年度通常枠〈第2回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2022年度通常枠〈第2回〉資金分配団体として、4事業(4団体)が発表されましたので、紹介します。


 2022年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

2022年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2022年度通常枠〈第1回〉資金分配団体として、17事業(17団体)が発表されましたので、紹介します。


【事業情報】生きる基盤を失った若者の生活支援事業・まちとしごと総合研究所

【事業情報】生きる基盤を失った若者の生活支援事業・まちとしごと総合研究所

【2021年度緊急支援枠<随時募集3次>・資金分配団体】有限責任事業組合 まちとしごと総合研究所/生きる基盤を失った若者の生活支援事業


休眠預金活用事業サイトでの 『事業情報』の検索方法!

休眠預金活用事業サイトでの 『事業情報』の検索方法!

「休眠預金活用事業サイト」には資金分配団体・実行団体が実施しているたくさんの助成事業の情報が掲載されています。 この記事では、『「事業情報」の検索方法』をご案内します。