助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

「休眠預金助成システムサポートセンター」は、休眠預金活用事業を実施中の団体が使う「助成システム」に関するお問い合せにお応えするコールセンターです。今回はサポートセンターとスタッフからのメッセージを紹介します。


2021年7月1日に「休眠預金助成システムサポートセンター」を開設!

休眠預金助成システムサポートセンターオペレーションブース

休眠預金等活用制度による助成事業に採択された団体は、自団体や申請事業に関する情報の登録に加え、事業・資金・評価等の各種計画、活動の管理・報告などに「休眠預金助成システム」と呼ばれるクラウドサービスを利用しています。

そのシステムの利用にあたって、「入力の仕方が分からない」「データの場所が分からない」「誤って作成した画面情報やデータを削除したい」といった不明な点や困りごとがあり、その専用サポートの必要性について業務改善PTにおいても議論されていました。

そこで、それらの声にお応えするために、2021年7月1日(木)に休眠預金助成システムサポートセンターを開設しました。サービスの提供を開始してから、1日1~4件程度のお問い合わせをいただいています。

お問い合わせに集まる声を、助成システムの改善に結び付けます。

このサポートセンターでは利用者の声をシステムの機能改善、使い勝手の向上につなげていくことも目的に日々運用を行っています。開設から2か月が経過し、サービスの提供に関する課題も見えてきました。様々な場面でサポートセンターのことを団体の皆さまにお知らせしていますが、認知向上もまだまだ課題です。
見えてきた一つ一つの課題を解決し、また認知度の向上に取り組みながら、休眠預金活用事業に取り組む団体の皆さまの取り組みをサポートできるようサービスの充実に努めていきたいと考えています。

「休眠預金助成システムサポートセンター」スタッフからのメッセージ


休眠預金助成システムサポートセンターのスタッフです。
コールセンター開設以降、複数の団体様より、システムの操作方法から必要書類のアップロード方法、機能についてのご相談など、様々なお問い合わせを頂いております。

時には窓口で解決出来ず、JANPIAのシステムチームと連携した上で回答を差し上げる場面もございますが、お困りごとの解決に、出来るだけ丁寧・迅速に対応し、お役に立つことができればと思っております。システムの操作に限らず、実装されることにより活動の効率向上になるであろうご意見など、
些細な内容もご遠慮なく頂戴したいと考えております。

また、お電話でのお問い合わせが難しい場合、メールでのお問い合わせ、回答も可能でございます。

より便利に、使いやすいシステムとなるよう皆様のご要望を汲みながら、活動のサポート、お困り事の解決に取り組んでまいります。

皆様のご利用、お問い合わせをお待ちしております。


オペレーションの様子

休眠預金活用事業実施中の皆さま、助成システムに関することは、サポートセンターにお問い合わせ下さい!


<休眠預金助成ステムサポートセンターの概要>

サポートセンターは、休眠預金活用事業に取り組む資金分配団体、実行団体の皆さまが利用いただけるサービスです。

【電話番号】 0570-550516 ※ナビダイヤルのため通話料は発信者負担となります

e-mailsystem_support@janpia.or.jp

【受付時間】9:3017:30(土日祝日・年末年始を除く)

【対象】(休眠預金活用事業に採択された)資金分配団体・実行団体


関連する投稿


-業務改善PTの経過報告- よりよい休眠預金活用事業を一緒に考え作り上げていくために!

-業務改善PTの経過報告- よりよい休眠預金活用事業を一緒に考え作り上げていくために!

資金分配団体と指定活用団体であるJANPIAが、よりよい休眠預金活用事業を作り上げていくために、共に取り組む「業務改善PT(プロジェクトチーム)」。今回はJANPIA事務局から、業務改善PT立ち上げの経緯や現在の活動の経過についての話を伺いました。(休眠預金活用事業サイト編集部)


最新の投稿


2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体として11団体11事業が発表されました。


子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、『特定非営利活動法人エティック(ETIC.)〈2019年度通常枠・資金分配団体〉』が、ウェブマガジン「DRIVE」に掲載している記事について連携いただきましたので、紹介します。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2021年8月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

2020年秋、東京都新宿区にオープンした『プライドハウス東京レガシー』は、日本初となる常設の大型総合LGBTQセンターです。「プライドハウス東京」コンソーシアムの事務局であり、本施設の運営を担うのは『特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ』。2つの資金分配団体「特定非営利活動法人 エティック(2019年度通常枠)」「READYFOR株式会社(2020年度緊急支援枠)」の実行団体として休眠預金を活用し ています。 今回は、グッド・エイジング・エールズ代表の松中権さんに、元アナウンサーでエッセイストの小島慶子さんがLGBTQを取り巻く環境や休眠預金を活用した事業の取り組みなどについてお話を伺った様子をレポートします。


ツイッターをはじめました!・休眠預金活用事業サイト編集部【活動スナップ】

ツイッターをはじめました!・休眠預金活用事業サイト編集部【活動スナップ】

今回の活動スナップは、休眠預金活用事業サイトで開始したツイッターのご紹介です。