休眠預金活用 メディア掲載情報_no.24

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.24

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年11~12月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


読売新聞(紙面・オンライン)※会員限定

福祉住宅建設や耕地再生 「休眠預金」活用200億円…法施行5年 政府、対象拡大へ【2022年12月29日掲載】

*******

フジテレビ(Web)

フューチャーランナーズ~17の未来~【2022年12月21日掲載】

フューチャーランナーズ - フジテレビ

https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive_219.html

毎週水曜午後10時54分。SDGsにいち早く取り組んでいる日本の“フューチャーランナー”達の活動にスポットを当て未来のために頑張っている人たちを描く番組です。

<実行団体>
特定非営利活動法人 沖縄青少年自立援助センターちゅらゆい
<資金分配団体>
公益財団法人 パブリックリソース財団
(19年度通常枠)

*******

山陽新聞(Web)

中高生に「第3の居場所」を 奉還町商店街にユースセンター【2022年12月17日掲載】

中高生に「第3の居場所」を 奉還町商店街にユースセンター:山陽新聞デジタル|さんデジ

https://www.sanyonews.jp/sp/article/1342519

 中高生が放課後や休日に訪れて自由に過ごせる施設「ユースセンター」が17日、岡山市北区奉還町の商店街内にオープンした。家庭でも学校でもない“第3の居場所”をつくろうと、教育支援に取り組む...

<実行団体>
一般社団法人 SGSG
<資金分配団体>
READYFOR株式会社
(21年度緊急枠)

*******

日本経済新聞(Web)※会員限定記事

休眠預金、企業への出資解禁 政府が23年度から 公益事業が対象、NPO助成以外に使途拡大【2022年12月16日掲載】

休眠預金、企業への出資解禁 政府が23年度から

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA091S00Z00C22A8000000/

政府は2023年度に10年以上取引がない「休眠預金」を使った民間企業への出資を解禁する。公益性のある事業を手掛けるスタートアップ企業の起業・育成へ活用できるようにする。現在はNPO法人など公益活動を担う団体などへの助成に使い道を限定している。

*******

月刊「更生保護」2022年12月号 ※リンク無し

罪を犯した青少年の全国の住まいと居場所のつながり合い【2022年12月15日発行】

<実行団体>
全国再非行防止ネットワーク協議会
<資金分配団体>
更生保護法人 日本更生保護協会
(19年度通常枠)

*******

長崎新聞(Web)

休眠預金で子ども支援 「未来基金ながさき」資金分配団体に内定【2022年12月8日掲載】

休眠預金で子ども支援 「未来基金ながさき」資金分配団体に内定 | 長崎新聞

https://nordot.app/973403638752952320?c=39546741839462401

市民の寄付によるコミュニティー財団「一般財団法人未来基金ながさき」(山本倫子理事長)は7日、休眠預金...

<資金分配団体>
一般財団法人 未来基金ながさき(コンソーシアム構成団体:社会福祉法人 対馬市社会福祉協議会、社会福祉法人 雲仙市社会福祉協議会)
(22年度通常枠)

*******

テレビ長崎(Web)

「休眠預金」活用で子供たちの夢を!長崎県初のプロジェクトが始動【2022年12月7日掲載】

「休眠預金」活用で子供たちの夢を!長崎県初のプロジェクトが始動

https://www.ktn.co.jp/news/detail.php?id=20221207005

銀行口座に眠る預金「休眠預金」を活用する長崎県内初の取り組みです。「離島の文化部活動」と「過疎地の地域交通」の両立に向けたプロジェクトが始まります。1億3800万円の「休眠預金」を使ったプロジェクトに乗り出すのは「雲仙・対馬未来コンソーシアム(仮)」です。

<資金分配団体>
一般財団法人 未来基金ながさき(コンソーシアム構成団体:社会福祉法人 対馬市社会福祉協議会、社会福祉法人 雲仙市社会福祉協議会)
(22年度通常枠)

*******

長崎文化放送(Web)

【長崎】「休眠預金」活用を 財団が実行団体を公募【2022年12月7日掲載】

【長崎】「休眠預金」活用を 財団が実行団体を公募 | NCC長崎文化放送

https://www.ncctv.co.jp/news/109625.html

10年以上取引のない「休眠預金」を活用して子どもたちの地域格差をなくそうと県内の財団が共に取り組む実行団体を募集すると発表しました。「休眠預金」は、預金者が口座の存在を忘れるなどして10年以上放置された預金のことで、認定されると社会課題の解決などに活用されることが2018年施行の「休眠預金等活用法」で定められています。

<資金分配団体>
一般財団法人 未来基金ながさき(コンソーシアム構成団体:社会福祉法人 対馬市社会福祉協議会、社会福祉法人 雲仙市社会福祉協議会)
(22年度通常枠)

*******

gooニュース(Web)

【長崎】コミュニティ財団「未来基金ながさき」 休眠預金の資産分配団体に【2022年12月7日掲載】

【長崎】コミュニティ財団「未来基金ながさき」 休眠預金の資産分配団体に

https://news.goo.ne.jp/article/nib/region/nib-news106ne9q5mr50ps2nc9t-html.html

休眠預金を財源としてNPOや市民団体に助成を行う「資金分配団体」に、市民や企業から寄付を募り、貧困家庭や一人親世帯などを支援しているコミュニティ財団「未来基金な...

<資金分配団体>
一般財団法人 未来基金ながさき(コンソーシアム構成団体:社会福祉法人 対馬市社会福祉協議会、社会福祉法人 雲仙市社会福祉協議会)
(22年度通常枠)

*******

山陰中央新報(Web)※会員限定記事

温かいお金 循環目指して ニーズ高まる中間支援組織 地域のNPO結び支える【2022年12月5日掲載】

温かいお金 循環目指して ニーズ高まる中間支援組織 地域のNPO結び支える | 山陰中央新報デジタル

https://www.sanin-chuo.co.jp/articles/-/307541

困っている人を助けたり、まちづくりを進めたりする団体は、地域社会にとって不可欠な存在だ。これらの団体を後押しする組織の役割も高まっている。岡山市、滋賀県東近江市で活動する組織を紹介しよう。  ▼…

*******

オルタナ(Web)

JANPIAが先進企業とNPOのマッチング促進へ【2022年12月4日掲載】

JANPIAが先進企業とNPOのマッチング促進へ - オルタナ

https://www.alterna.co.jp/61679/

記事のポイント 休眠預金でNPOを支援するJANPIAが企業とNPOのマッチングを促進 「スキルボランティア」

*******

時事通信(Web)

READYFOR×育て上げネット、 休眠預金を活用した「若者の「望まない孤独」支援モデル形成事業」 プログラムを開始【2022年11月28日掲載】

READYFOR×育て上げネット、 休眠預金を活用した「若者の「望まない孤独」支援モデル形成事業」 プログラムを開始:時事ドットコム

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000284.000031325&g=prt

[READYFOR株式会社]-助成先団体を12月19日(月)18時まで募集-READYFOR株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役CEO:米良はるか)と認定NPO法人育て上げネット(所在地:東京都立川市、理事長:工藤啓)は、約2.2億円の休眠預金を活用し、「若者の『望まない孤独』支援モデル形成事業」プログラム(以下、「本取り組み」)を開始いたします。

<資金分配団体>
認定特定非営利活動法人 育て上げネット(コンソーシアム構成団体:READYFOR株式会社)
(22年度緊急枠)

*******

HUUFPOST(Web)

“男・女らしさ”、子どもに押し付けない。「ジェンダーニュートラル」な無料イラストのサイトが誕生【2022年11月26日掲載】

“男・女らしさ”、子どもに押し付けない。「ジェンダーニュートラル」な無料イラストのサイトが誕生

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_637ac8c9e4b0e771d9557ed7

服の色や髪型などで「女の子らしさ、男の子らしさ」を強調するイラストに抵抗がある、という人へ。「ジェンダーニュートラル」なイラストを、誰でも無料でダウンロードできるサイトが生まれました。

<実行団体>
特定非営利活動法人 ASTA
<資金分配団体>
一般財団法人 中部圏地域創造ファンド
(21年度緊急枠)

*******

朝日新聞デジタル(Web)

山口県の不登校小中生、最多2600人 支援者「地域に居場所を」【2022年11月25日掲載】

山口県の不登校小中生、最多2600人 支援者「地域に居場所を」:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASQCT023GQC2TZNB004.html?iref=sp_liftop_feature2_list_n

 不登校の子どもが増えている。山口県内では2021年度、小中学生で計2603人に上り、記録の残る09年度以降最も多かった。コロナ禍の影響が指摘され、支援者からは「学校に行かない子の居場所が地域に足りな…

<実行団体>
特定非営利活動法人 まなびデザインラボ
<資金分配団体>
特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター(コンソーシアム構成団体:特定非営利活動法人 やまぐち県民ネット21、公益財団法人 とっとり県民活動活性化センター、公益財団法人 ふるさと島根定住財団、特定非営利活動法人 岡山NPOセンター)
(20年度通常枠)

*******

休眠預金活用にご興味を持っていただいたメディアの皆さま

制度のご説明はもちろん、ご関心のある地域やテーマによって、実行団体・資金分配団体をご紹介します。
ぜひJANPIA企画広報部にお問い合わせ下さい。

*******

実行団体・資金分配団体の皆さま

JANPIAでもできるだけメディア掲載情報の把握に努めておりますが、「うちも掲載されたよ!」などの情報があれば、ぜひJANPIA企画広報部までお寄せください!

*******

※ご紹介しているのは、この記事掲載時点のリンク先になります。
※リンク先記事の掲載期間は、それぞれのメディアにより異なります。
※一定期間後は、リンク切れとなる場合がございます。 ご了承ください。

*******

【本記事に関する問い合わせ先】JANPIA企画広報部 info@janpia.or.jp

関連するキーワード


メディア掲載

関連する投稿


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.23

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.23

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年11月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.22

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.22

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年9~10月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.21

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.21

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年8~9月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.20

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.20

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年8月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.19

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.19

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年6~7月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。