子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

子どもの未来に向けたコレクティブインパクトの実践!・エティック【活動スナップ】

休眠預金活用事業の瞬間を写真で伝える「活動スナップ」!今回は、『特定非営利活動法人エティック(ETIC.)〈2019年度通常枠・資金分配団体〉』が、ウェブマガジン「DRIVE」に掲載している記事について連携いただきましたので、紹介します。


活動の概要

NPO法人ETIC.(エティック)は2019年度より休眠預金等活用法に基づき、資金分配団体として「子どもの未来のための協働促進助成事業」を推進しています。全国の子どもを支援する団体が、協働による地域の生態系醸成を実践すること目的に、そのモデルとなりうる実行団体に対して資金的・非資金的な支援を実施中です。
事業開始から2年目を迎え、6つの採択団体(実行団体)およびその連携団体へインタビューし、6回のシリーズで活動の状況をウェブマガジン「DRIVE」※に紹介していきます。
今回は、前半3団体の記事を紹介します。


※ETIC.が運営する「DRIVE」は、世界を変える、未来を創る、行動する人のためのウェブマガジンです。ビジネスアイデア・ワークスタイルから幅広いジャンルの記事を提供しています。

活動スナップ

NPO法人岡山NPOセンター

岡山NPOセンター
(左)参画推進センター所長 西村こころさん
(真ん中)代表 石原達也さん
(右)事業フェロー 井上正貴さん

NPO法人MamaCan

(左)NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛さん
(真ん中)NPO法人MamaCan 理事長 山田美和さん
(右)NPO法人さんま 代表理事 石川靜枝さん

NPO法人Learning for All



NPO法人Learning for All 入澤充さん


資金分配団体
特定非営利活動法人エティック(ETIC 
助成事業

子どもの未来のための協働助成促進事業2019通常枠 

活動対象地域
全国 
実行団体

★特定非営利活動法人岡山NPOセンター

★特定非営利活動法人MamaCan

★特定非営利活動法人Learning for All 

・特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ   

・一般社団法人小豆島子ども・若者支援機構  

・特定非営利活動法人子育て運動えん 

★:今回の記事で紹介されている団体


関連する投稿


「子どもの居場所の感染症対策ガイドブック」を発行・沖縄県学童・保育支援センター【成果物レポート】

「子どもの居場所の感染症対策ガイドブック」を発行・沖縄県学童・保育支援センター【成果物レポート】

休眠預金活用事業の成果物として資金分配団体や実行団体で作成された報告書等をご紹介する「成果物レポート」。今回は、実行団体『NPO法人沖縄県学童・保育支援センター(資金分配団体:公益財団法人みらいファンド沖縄〈2020年度緊急支援枠〉)』から休眠預金活用事業の成果物として発行された、「子どもの居場所の感染症対策ガイドブック」をご紹介します。


【事業情報】場を通じた多世代・多業種の関わり合いとコレクティブな支援から、まちにチャレンジや生業を増やす事業・たすき株式会社

【事業情報】場を通じた多世代・多業種の関わり合いとコレクティブな支援から、まちにチャレンジや生業を増やす事業・たすき株式会社

【2019年度通常枠・実行団体・草の根活動支援事業・地域ブロック】たすき株式会社 (島根県エリア)/場を通じた多世代・多業種の関わり合いとコレクティブな支援から、まちにチャレンジや生業を増やす事業/資金分配団体:中国5県休眠預金等活用コンソーシアム


【事業情報】人口減少と社会包摂型コレクティブインパクト事業・佐賀未来創造基金

【事業情報】人口減少と社会包摂型コレクティブインパクト事業・佐賀未来創造基金

【2019年度通常枠・資金分配団体・草の根活動支援事業・地域ブロック】公益財団法人 佐賀未来創造基金/人口減少と社会包摂型コレクティブインパクト事業 〜人口減少時代における3分野の地域包摂型コレクティブインパクト〜


最新の投稿


2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2021年度通常枠〈第1回〉資金分配団体として11団体11事業が発表されました。


助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

助成システムのサポートを通して休眠預金活用事業 実施中の団体を応援します!

「休眠預金助成システムサポートセンター」は、休眠預金活用事業を実施中の団体が使う「助成システム」に関するお問い合せにお応えするコールセンターです。今回はサポートセンターとスタッフからのメッセージを紹介します。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.08

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2021年8月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

世界でいちばんカラフルな場所を目指して! グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】

2020年秋、東京都新宿区にオープンした『プライドハウス東京レガシー』は、日本初となる常設の大型総合LGBTQセンターです。「プライドハウス東京」コンソーシアムの事務局であり、本施設の運営を担うのは『特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ』。2つの資金分配団体「特定非営利活動法人 エティック(2019年度通常枠)」「READYFOR株式会社(2020年度緊急支援枠)」の実行団体として休眠預金を活用し ています。 今回は、グッド・エイジング・エールズ代表の松中権さんに、元アナウンサーでエッセイストの小島慶子さんがLGBTQを取り巻く環境や休眠預金を活用した事業の取り組みなどについてお話を伺った様子をレポートします。


ツイッターをはじめました!・休眠預金活用事業サイト編集部【活動スナップ】

ツイッターをはじめました!・休眠預金活用事業サイト編集部【活動スナップ】

今回の活動スナップは、休眠預金活用事業サイトで開始したツイッターのご紹介です。