【実行団体の公募】2022年5月26日現在

【実行団体の公募】2022年5月26日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2022年5月26日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


2021年度通常枠〈全国から申請可能な公募〉

地域の資⾦循環とそれを担う組織・若⼿⽀援者を⽣み出す⼈材育成事業〈締切〉2022年5月31日(火)正午締切(必着)

【資金分配団体】
一般社団法人 全国コミュニティ財団協会

【対象地域】
日本国内(全国の地方都市+重点地域:⻘森県、秋⽥県、山形県、群⾺県、茨城県、山梨県、⾹川県、徳島県)

【説明会情報】

説明会は要申込。申し込みは団体サイトで受け付けています。

シングルマザーのデジタル就労支援~互助グループ形成による仲間づくりとデジタルスキル習得〈締切〉2022年5月31日(火)24時

【資金分配団体(コンソーシアム)】

・一般社団法人 グラミン日本
・一般社団法人 日本シングルマザー支援協会

【対象地域】
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県に在住のシングルマザーへの活動を対象とします。実行団体の所在地域は問いません。

女性の活躍が災害の困難を軽減する地域創り〈締切〉2022年6月20日(月)17時

【資金分配団体(コンソーシアム)】

・公益財団法⼈ 地域創造基金さなぶり

【対象地域】
国内いずれの地域でも ※詳細は要項を確認してください。

2021年度通常枠〈特定の地域から申請可能な公募〉

泉北ニュータウンの孤立と地域をつなぐ〈締切〉2022年6月30日17時※要1次登録5月30日17時

【資金分配団体】
一般財団法人 泉北のまちと暮らしを考える財団

【対象地域】

泉北ニュータウン(大阪府堺市中区・南区・和泉市)

https://semboku-fund.org

2021年度コロナ対応支援枠〈特定の地域から申請可能な公募〉

コロナ禍での気候変動を起因とする災害対応支援事業〈締切〉随時受付(最長2022年9月30 日まで)

【資金分配団体〈コンソーシアム申請〉

公益財団法人 佐賀未来創造基金
・佐賀災害支援プラットフォーム

【対象地域】佐賀県およびその近県

コロナ禍での気候変動を起因とする災害対応支援事業 | 公益財団法人佐賀未来創造基金

https://saga-mirai.jp/corona_kikouhendou2022/

<休眠預金事業( 新型コロナウイルス対応支援助成)>コロナ禍での気候変動を起因 とする災害対応支援事業~佐賀県

※最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。

関連する投稿


【実行団体の公募】2021年4月26日現在

【実行団体の公募】2021年4月26日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2022年4月2日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


【実行団体の公募】2022年3月29日現在

【実行団体の公募】2022年3月29日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2022年3月29日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


【実行団体の公募】2022年3月8日現在

【実行団体の公募】2022年3月8日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2022年3月8日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


【実行団体の公募】2022年2月3日現在

【実行団体の公募】2022年2月3日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2022年2月3日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


【実行団体の公募】2022年2月1日現在

【実行団体の公募】2022年2月1日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2022年2月1日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。


最新の投稿


『休眠預金活用助成金会計Q&A』を発行|中部圏地域創造ファンド|成果物レポート

『休眠預金活用助成金会計Q&A』を発行|中部圏地域創造ファンド|成果物レポート

休眠預金活用事業の成果物として資金分配団体や実行団体で作成された報告書等をご紹介する「成果物レポート」。今回は、資金分配団体『一般財団法人中部圏地域創造ファンド〈19年度通常枠、20年度緊急支援枠、21年度度通常枠、21年度コロナ対応支援枠〉』が作成した冊子『休眠預金活用助成金会計Q&A』をご紹介します。


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.18

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.18

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年5~6月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


休眠預金活用事業サイトでの 『事業情報』の検索方法!

休眠預金活用事業サイトでの 『事業情報』の検索方法!

「休眠預金活用事業サイト」には資金分配団体・実行団体が実施しているたくさんの助成事業の情報が掲載されています。 この記事では、『「事業情報」の検索方法』をご案内します。


『休眠預金新型コロナウィルス対応緊急支援助成(2020-2021)生活困窮世帯や社会的孤立者への支援~明日をあきらめない~』を発行|中部圏地域創造ファンド|成果物レポート

『休眠預金新型コロナウィルス対応緊急支援助成(2020-2021)生活困窮世帯や社会的孤立者への支援~明日をあきらめない~』を発行|中部圏地域創造ファンド|成果物レポート

休眠預金活用事業の成果物として資金分配団体や実行団体で作成された報告書等をご紹介する「成果物レポート」。今回は、資金分配団体『一般財団法人中部圏地域創造ファンド〈2020年緊急支援枠〉』が作成した冊子『休眠預金新型コロナウィルス対応緊急支援助成(2020-2021)生活困窮世帯や社会的孤立者への支援~明日をあきらめない~』をご紹介します。


上智大学のインターン生 受入開始!withグッド・エイジング・エールズ【活動スナップ】

上智大学のインターン生 受入開始!withグッド・エイジング・エールズ【活動スナップ】

今回の活動スナップは、上智大学の学生さんと、そのインターンシップ先である特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズのメンバーとの顔合わせの様子をお届けします。