上智大学のインターン生 受入開始!withグッド・エイジング・エールズ|活動スナップ

上智大学のインターン生 受入開始!withグッド・エイジング・エールズ|活動スナップ

今回の活動スナップは、上智大学の学生さんと、そのインターンシップ先である特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズのメンバーとの顔合わせの様子をお届けします。


活動の概要

JANPIAがつなぎ役となり、上智大学国際教養学部の学生さんが2つの資金分配団体「特定非営利活動法人 エティック(2019年度通常枠)」「READYFOR株式会社(2020年度緊急支援枠)(2021年度コロナ対応支援枠)」の実行団体として休眠預金を活用している『特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ』でインターンシップを行うことになりました。今回、学生の石川さんが、グッド・エイジング・エールズがコンソーシアムで運営しているLGBTQ+総合センター『プライドハウス東京レガシー』(新宿区)にて、代表の松中権さんはじめメンバーの皆さんにお会いするということで、JANPIA企画広報部メンバーが一緒に訪問してきました。

活動スナップ

インターンシップは、上智大学国際教養学部の科目の一環で今年度初めて実施されるもので、JANPIAは実行団体を紹介し伴走する形で連携しています。

上智大学の石川さんは、親友が2年ほど前からLGBTQ+の支援団体でインターンをしていた関係で、LGBTQ+の分野に非常に興味があり、今回グッド・エイジング・エールズでのインターンシップを希望したそうです。

約3か月間のインターン期間中、石川さんは主に得意の英語を活かした英語でのSNS発信と、公益社団法人東京青年会議所主催の6月11日-12日のイベントのブース出展、プライドハウス東京レガシー主催の8月20-21日に予定している24 歳以下の子ども・ユースの教育×LGBTQ+に関するカンファレンスの準備に携わる予定です。


初めてプライドハウス東京レガシーに来れたことも喜んでいて、早速親友の方に報告したそうです。今後の活動もとても楽しみにしている様子が印象的でした。今後のご活躍楽しみにしております!

左から松中権さん、石川さん、スタッフの小野アンリさん

グッド・エイジング・エールズの活動については、次の記事も是非ご覧ください。

世界でいちばんカラフルな場所を目指して!| グッド・エイジング・エールズ 松中権さん × エッセイスト 小島慶子さん【聞き手】 | 休眠預金活用事業サイト

https://kyuminyokin.info/articles/473/

2020年秋、東京都新宿区にオープンした『プライドハウス東京レガシー』は、日本初となる常設の大型総合LGBTQセンターです。「プライドハウス東京」コンソーシアムの事務局であり、本施設の運営を担うのは『特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ』。2つの資金分配団体「特定非営利活動法人 エティック(2019年度通常枠)」「READYFOR株式会社(2020年度緊急支援枠)」の実行団体として休眠預金を活用し ています。 今回は、グッド・エイジング・エールズ代表の松中権さんに、元アナウンサーでエッセイストの小島慶子さんがLGBTQを取り巻く環境や休眠預金を活用した事業の取り組みなどについてお話を伺った様子をレポートします。

■事業基礎情報【1】

実行団体
特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ
事業名

日本初の大型総合LGBTQセンター「プライドハウス東京」設立プロジェクト

-情報・支援を全国へ届ける仕組みを創り、LGBTQの子ども/若者も安心して

暮らせる未来へ-

活動対象地域東京都、及び全国
資金分配団体特定非営利活動法人エティック
採択助成事業

『子どもの未来のための協働促進助成事業

~不条理の連鎖を癒し、皆が共に生きる地域エコシステムの共創』

〈2019年度通常枠〉

■事業基礎情報【2】

実行団体
特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ
事業名

LGBTQ中高齢者の働きがい・生きがい創出

活動対象地域全国
資金分配団体READYFOR株式会社
採択助成事業

『新型コロナウィルス対応緊急支援事業

 ~子ども・社会的弱者向け包括支援プログラム』

〈2020年度新型コロナウィルス対応緊急支援助成〉

■事業基礎情報【3】

実行団体
特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ
事業名

LGBTQ+ユースの学習支援・相談事業

活動対象地域東京都
資金分配団体READYFOR株式会社
採択助成事業

深刻化する『コロナ学習格差』緊急支援事業

〈2021年度新型コロナウィルス対応支援助成〉

関連する投稿


 2022年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

2022年度通常枠〈第1回〉資金分配団体が発表されました

JANPIAのウェブサイトにおいて、2022年度通常枠〈第1回〉資金分配団体として、17事業(17団体)が発表されましたので、紹介します。


【事業情報】(緊急災害) 災害時食支援ラストワンマイルへの到達事業・ジャパン・プラットフォーム

【事業情報】(緊急災害) 災害時食支援ラストワンマイルへの到達事業・ジャパン・プラットフォーム

【2021年度通常枠<第2回>・資金分配団体・災害支援事業/緊急災害】特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム/災害時食支援ラストワンマイルへの到達事業


【事業情報】(防災・減災) 発災から復興期を見据えた食糧支援体制構築・ジャパン・プラットフォーム

【事業情報】(防災・減災) 発災から復興期を見据えた食糧支援体制構築・ジャパン・プラットフォーム

【2021年度通常枠<第2回>・資金分配団体・災害支援事業/防災・減災】特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム/発災から復興期を見据えた食糧支援体制構築


【事業情報】女性の活躍が災害の困難を軽減する地域創り・地域創造基金さなぶり

【事業情報】女性の活躍が災害の困難を軽減する地域創り・地域創造基金さなぶり

【2021年度通常枠<第2回>・資金分配団体】公益財団法人 地域創造基金さなぶり/女性の活躍が災害の困難を軽減する地域創り


【事業情報】SB第3世代による九州位置(地域)価値創造事業・SINKa

【事業情報】SB第3世代による九州位置(地域)価値創造事業・SINKa

【2021年度通常枠<第2回>・資金分配団体・ソーシャルビジネス形成支援事業】一般社団法人 SINKa/SB第3世代による九州位置(地域)価値創造事業