中国5県休眠預金等活用コンソーシアム主催・外国人受入環境整備を通じた事業所の企業価値向上オンラインシンポジウム

中国5県休眠預金等活用コンソーシアム主催・外国人受入環境整備を通じた事業所の企業価値向上オンラインシンポジウム

休眠預金活用事業に係るイベント・セミナー等をご案内するページです。 今回は、中国5県休眠預金等活用コンソーシアム(ひろしまNPOセンター)〈2019年度通常枠・2020年度緊急支援枠/通常枠 資金分配団体〉が開催する「外国人受入環境整備を通じた事業所の企業価値向上オンラインシンポジウム」をご紹介させていただきます。


外国人受入環境整備 を通じた事業所の企業価値向上 オンラインシンポジウム

中国5県休眠預金等活用コンソーシアム(ひろしまNPOセンター)では、休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、コロナ禍において雇止めに合った外国人材や、志を閉ざされた留学生等を対象に、市民セクターの担い手を通じて、就労支援や起業機会の提供を行っています。

この取り組みを通じて、改めてこの問題を解決するためには行政セクター、企業セクター、市民セクターの多様なステークホルダーが連携・協働し、包括的に取り組む必要があると感じています。

中国5県休眠預金等活用コンソーシアムでは資金分配団体としての環境整備の一環として、行政セクターや企業セクターとの連携・協働を促進していくことを目指し、2021年8月31日にオンラインシンポジウム『外国人受入環境整備を通じた事業所の企業価値向上シンポジウム』を開催いたします。


■日時2021831日(火)15001700
■定員
500名
■開催形式

オンライン(Zoomウェビナー)

お申込み後、URL等をご案内いたします

■参加費     無料
■プログラム

『外国人材の受入環境が整備され、その取り組みが顧客・金融機関・行政・地元地域等から評価され企業価値が向上し、人手不足が解消するなど、事業所の持続的な発展が実現する』


日本で初めての中小企業向けポジティブインパクトファイナンス(PIF)契約である平野ビニール工業(株)と静岡銀行の事例を紐解き外国人受入環境整備を通じた企業価値の向上を考えます。


1部 基調講演~外国人受入のこれまでとこれから

(一財)ダイバーシティ研究所 代表理事 田村太郎氏

 

2部 事例紹介~日本初PIF 平野ビニール工業(株)×静岡銀行

シンクタンク・ソフィアバンク 代表 藤沢久美氏(静岡銀行 社外取締役)

平野ビニール工業(株) 代表取締役 平野利直氏

 

3部 Q&A

お申し込み時に頂いたご質問等に回答いたします。

時間の都合ですべてのご質問に回答できないことがあります。

申込方法

こちらのフォームからお申し込みください。

https://forms.office.com/r/HRmBGBXbwy

■お問い合せ

NPO法人ひろしまNPOセンター(担当:増田、松村)

電話:082-511-3180

E-Mailkyumin-chu5@npoc.or.jp


関連する投稿


【事業情報】中国5県コロナ対応緊急支援助成(第2期)・ひろしまNPOセンター

【事業情報】中国5県コロナ対応緊急支援助成(第2期)・ひろしまNPOセンター

【2020年度緊急支援枠<随時募集3次>・資金分配団体】特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター<コンソーシアム申請>/中国5県コロナ対応緊急支援助成(第2期) ~困窮者への食と住居・居場所支援事業~


【事業情報】中国5県休眠預金等活用事業2020・ひろしまNPOセンター

【事業情報】中国5県休眠預金等活用事業2020・ひろしまNPOセンター

【2020年度通常枠・資金分配団体・草の根活動支援事業・地域ブロック】特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター<コンソーシアム申請>/中国5県休眠預金等活用事業2020


【事業情報】想い合い!子ども×食の繋がるプロジェクト・NO BORDER

【事業情報】想い合い!子ども×食の繋がるプロジェクト・NO BORDER

【2020年度緊急支援枠・実行団体】特定非営利活動法人 NO BORDER/想い合い!子ども×食の繋がるプロジェクト ~思い合い繋がろう!~/資金分配団体:特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター


【事業情報】新型コロナ対策困窮世帯等緊急支援事業・山口せわやきネットワーク

【事業情報】新型コロナ対策困窮世帯等緊急支援事業・山口せわやきネットワーク

【2020年度緊急支援枠・実行団体】特定非営利活動法人 山口せわやきネットワーク/新型コロナ対策困窮世帯等緊急支援事業 ~食料品や生活物資等の緊急支援と学習支援~/資金分配団体:特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター


【事業情報】外国人住民の生活を包括的に支えるしくみ・青年海外協力隊山口県OB会

【事業情報】外国人住民の生活を包括的に支えるしくみ・青年海外協力隊山口県OB会

【2020年度緊急支援枠・実行団体】青年海外協力隊山口県OB会/外国人住民の生活を包括的に支えるしくみ/資金分配団体:特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター


最新の投稿


「休眠預金活用事業サイト|動画ライブラリー」を公開!【活動スナップ】

「休眠預金活用事業サイト|動画ライブラリー」を公開!【活動スナップ】

今回の活動スナップは、休眠預金活用事業サイトの「動画ライブラリー」をご紹介します。


写真と動画で振り返る!休眠預金活用シンポジウム【活動スナップ】

写真と動画で振り返る!休眠預金活用シンポジウム【活動スナップ】

今回の活動スナップは、内閣府とJANPIAで共催した 2022年5月11日「休眠預金活用シンポジウム」の写真と動画をご紹介します。


長野県みらい基金との連携実現!PwCあらた有限責任監査法人の記事をご紹介【活動スナップ】

長野県みらい基金との連携実現!PwCあらた有限責任監査法人の記事をご紹介【活動スナップ】

今回の活動スナップは、『公益財団法人長野県みらい基金』と『PwCあらた有限責任監査法人(以下、PwCあらた)』の企業連携の活動や、PwCあらたとJANPIAが企業連携を協働した背景などについて対談を行った記事をご案内します


休眠預金活用 メディア掲載情報_no.16

休眠預金活用 メディア掲載情報_no.16

「休眠預金を活用した事業」について、様々なメディアに取り上げていただいています。2022年4月のメディア掲載情報(新しいものより、日付順)について、ご紹介します!ぜひリンク先の記事をご覧ください。 ※各団体から「休眠預金を活用した事業についてのメディア掲載」としてお知らせいただいた記事やJANPIAにて確認した記事をご紹介しています。


【実行団体の公募】2021年4月26日現在

【実行団体の公募】2021年4月26日現在

資金分配団体による「実行団体の公募」の情報をお届けします。掲載情報は2022年4月2日時点でJANPIA広報担当で把握している内容です。最新の情報については、資金分配団体ウェブサイトをご確認いただくか、直接資金分配団体にお問い合わせください。